皮膚科

皮膚科で胸ニキビの治療をするなら料金はいくら?

更新日:

胸ニキビを治すために、これまで食事の改善や規則正しい生活、市販の薬、デコルテニキビ専用クリームなどを試したけど効果がなかったという方のために最後の砦として、皮膚科で治すという選択方法があります。


皮膚科


ここではデコルテニキビを皮膚科で治す場合について解説しています


胸を皮膚科で治療するには

皮膚科でのデコルテニキビ・胸ニキビの治療方法は大体、こんな感じです。

皮膚科での治療法

  • 抗生物質
  • 抗真菌薬
  • 面ぽう圧出
  • レチノイド処方
  • 漢方薬
  • ビタミン剤
  • ケミカルピーリング
  • レーザー
  • イオン導入
  • ホルモン療法


皮膚科には2種類ある

皮膚科には保険が適用できる一般の皮膚科と自費診療の美容皮膚科があります。


それぞれの違いは、こんな感じ


一般の皮膚科

保険が適用できるので自己負担が少ない。

主に塗り薬や飲み薬での治療。


美容皮膚科

保険が適用されないので全額自己負担。

治療方法は最新技術のものを、とり入れている。



とにかくニキビを治したいという方は、一般の皮膚科で診療するといいでしょう。

美容皮膚科はニキビの治療からニキビ跡、治ったあとも再発しないための予防まで診てもらえます。

肌を完全にキレイにしてキープし続けてサポートしてもらえるところが多いです。

もちろん保険は適用外のため費用も、それなりにかかります。

「そこまで肌の面倒は見なくていいので、とりあえず今デコルテにあるニキビさえ治してもらえればいい」というなら一般の皮膚科を選ぶといいでしょう。

さきほど挙げた皮膚科の治療法で、保険が適用されるのは以下のもの。

  • 抗生物質
  • 抗真菌薬
  • 漢方薬
  • レチノイド処方
  • 面皰圧出



面皰圧出とは




めんぽうあっしゅつって、ニキビを潰すこと?

面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)について解説しますね



面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)とは、ニキビの中に詰まっている皮脂や汚れ、膿などを摘出する治療法です。

ニキビに専用器具を患部に押し当てて皮脂、膿を取り出します。

自分でニキビを潰したりするとニキビ跡ができやすくなったり、炎症を起こして肌が荒れて、とりかえしのつかないことになるので注意が必要です。

自己流でニキビを潰してニキビ跡が一生残ってしまうということも…。

皮膚科なら専門医が行うので、肌へのダメージやニキビ跡に注意を払って問題なく治療をしてもらえるので安心。

また面皰圧出は皮膚科では保険が適用されるメリットもあります。


皮膚科で胸ニキビを治す

胸ニキビを治す方法で、もっとも効果的だといわれているのが皮膚科での治療です。

皮膚科では塗り薬・内服薬・漢方薬など、診察後にニキビの状態に適した薬を処方し、通院をしながら様子を伺います。

また美容皮膚科(クリニック)だと一般の皮膚科よりも、胸ニキビの治療だけではなく、デコルテをキレイにサポートしてくれるところが多いです。

主な治療法は、ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB6などを点滴したり「ケミカルピーリング」や「イオン導入」があります。

金銭的に余裕があれば皮膚科や美容皮膚科がオススメです。


皮膚科で胸ニキビの治療費

美容皮膚科での胸ニキビを治療する場合。

内服薬だと1ヶ月約5,000円。

レーザー治療だと1回20,000円。

■レーザー治療
1回20,000円
10回160,000円

■内服薬ビタミンセット(30日分)
4,667円

■漢方薬(14日分)
4,667円

参照:フェミークリニック美容皮膚科

症状の重さに応じて治療法は異なりますが、あくまで一例として参考にしてください。

高いから自分で潰そうかな…


胸ニキビを自分で潰すのは危険!

ピンセット

自分で潰すのは絶対ダメ!

自分でピンセットを使ってニキビを取り除こうとすると毛穴や周囲の皮膚を傷つけてしまいます。

そのため肌が炎症して最近感染に繋がるかもしれません。

余計、ニキビの状態を悪化させて肌も汚くなる可能性があるため、自己流で潰したりするのは危険です。

かえって肌を傷つけて傷跡が一生残る可能性もあります。

自分でやるのは絶対に避けて、皮膚科や美容皮膚科に相談してくださいね。

シロノクリニック(美容皮膚科)ではレーザー治療は1照射500円からできます。

低価格で始められるクリニックもあるので、無料カウンセリングなどを利用するといいでしょう。


皮膚科以外で胸ニキビを治したい

皮膚科は通院するのが面倒だと感じる方や、もっと低予算で自宅で簡単にケアをしたいという方には、デコルテニキビ用クリームを使用する方法があります。

皮膚科よりも安く、ニキビケアによい成分を厳選し無添加であるのが特徴です。

他にもピーリング石鹸を使ったり、薬局などで手軽に購入できる市販薬でのケアもあります。

市販薬の場合、「成分が浸透しにくい」という声が出ているため、効果はあまり期待できないかもしれません。

約1,000円未満で安く購入することができるので軽度のニキビなら、こちらからケアを始めてみるといいでしょう。

胸ニキビケアのオススメ度

  • 皮膚科…
  • 胸ニキビ用クリーム…
  • ピーリング石鹸…
  • 市販薬…


デコルテニキビの各治療法

デコルテニキビができたら放置せず、ニキビあとを残さないためにも早めにケアをしておくのがよい対策方法です。

ニキビの治療法は、ほとんど塗り薬(外用薬)がメインです。

一般の皮膚科なら保険が適用できるので約3割負担で受けられます。

ただし初診料や再診料は別に発生するので注意してくださいね。

皮膚科でのデコルテニキビの治療法について、簡潔ではありますが解説していきます。


抗生物質

アクネ菌を殺菌して炎症を迎えます。

ほとんどの皮膚科ではニキビの治療薬として、すすめられるはずです。

デコルテにできるニキビというよりも炎症を抑えるので、顔などにできる赤ニキビには有効。

炎症が起きていない白ニキビや黒ニキビ、ニキビあとには効果がありません。


抗真菌薬

デコルテニキビや体にできるニキビはマラセチア真菌というカビの一種によるものなので、マラセチア真菌の繁殖を迎える働きのある抗真菌薬を処方してもらえます。


レチノイド処方

「ディフェリンゲル」をはじめとしたレチノイドは、皮脂を抑えて角質をピーリングする作用があります。

角栓を柔らかくして毛穴の詰まりを解消。

ニキビの炎症を緩和する力はないので赤ニキビにも効果はありません。

また皮膚についての副作用の声も多く出ているので使用するにあたって、医師にしっかり相談をすると、いいでしょう。

軽いニキビや初期ニキビに効果があります。

マラセチア真菌は毛穴の詰まった皮脂の汚れで繁殖するので、レチノイド薬を塗ることで毛穴の詰まりの解消につながりやすいです。


面皰圧出

面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)とは針やレーザーで、小さな穴を開けて専用器具で毛穴に詰まった汚れや皮脂を押し出します。

肉眼では見えない小さな毛穴詰まりにも適しており、白ニキビや黄ニキビの治療向きです。


漢方薬

ニキビを治すというよりも、ニキビができにくい体質を目指すために処方されることがあります。

慢性化したニキビ治療に向いているけど、すでにできてしまったニキビには効果なし。


ケミカルピーリング

ピーリング剤という薬剤を使って古い角質を取り除き、毛穴の中に皮脂や汚れが詰まるのを防ぐ治療法です。

アクネ菌が繁殖するのを防いで肌のターンオーバーを促進させます。


イオン導入

肌と導入物質に弱めの電流を流してビタミンCやビタミンEなどの栄養素を、肌の内部まで浸透させる治療法。

ニキビ跡の改善も期待できます。

美容外科のイオン導入の場合、クリニックや使う薬剤によって価格は変わりますが8,000円以上もするとの声も…。


レーザー治療

レーザーを照射してニキビ跡や赤みの改善につなげます。

ニキビによってできた跡は通常の薬では、成分を肌内部に届けることができないためレーザーを使用。

レーザーなら肌内部まで届いて色素沈着で赤みになっていたり、クレーター状になったニキビ跡の改善が期待できます。


ホルモン治療

ストレスなどの影響で女性ホルモンが減って男性ホルモンが増えるとニキビが、できやすくなります。

男性ホルモンは皮脂線を刺激し皮脂の分泌量が、活性化するのでニキビの原因に。

ホルモン治療では女性ホルモンを増やすためのピルによる治療薬、または男性ホルモンを抑える、抗男性ホルモン葉を処方してホルモンバランスを調整します。


皮膚科で治療(まとめ)

ざっくりと解説したけど皮膚科でのニキビ治療法は、こんな感じです。

胸(デコルテ)ニキビの場合は、マラセチア菌が原因なので大体、以下の治療法。

  • 抗真菌薬
  • レチノイド処方

ニキビの状態によっては「ピーリング」「イオン導入」という方法もあるけど、この辺りは診察時に医師に診てもらって適した治療法のアドバイスを受けるといいでしょう。

美容皮膚科では保険が適用できないので治療にかかる期間もふまえて値段を、しっかり確認してくださいね。

一般の皮膚科なら保険が適用できて自己負担額も少なくて済みます。

デコルテニキビに悩んでいる期間が長い場合、一度近くの皮膚科に相談してみるといいかもしれません。


皮膚科に通院しないで治す方法

中には皮膚科に通院せず自力で治したいという方もいると思います。

個人差があるため必ず治せるというわけではないのですが、自分でデコルテニキビを治す場合、規則正しい生活・睡眠・食事に気をつけることが大切です。


デコルテニキビを皮膚科で治す


デコルテニキビによい食べ物

ニキビによいといわれている食べ物はビタミンB、ビタミンC、ビタミンEです。

ビタミンB

ビタミンB群は皮脂への分泌を抑える働きがあります。

卵・牛乳・レバーなどをしっかり食べるといいでしょう。

すでにできてしまったニキビ跡にはビタミンC、ビタミンEを同時に摂るのがベスト。



ビタミンC

ビタミンCには抗化作用があります。

多く含まれる食品は果物や野菜類など。



ビタミンE

ビタミンEは血行をよくして傷の回復を促す作用があります。

多く含まれる食品はナッツ、うなぎなど。


デコルテニキビ専用のクリームを使う

デコルテニキビを治すために開発されたクリーム、パピュレクリスタルモーションを使ってケアする方法もあります。

どちらもネットで購入することができます。

1日2回、朝と晩にデコルテや胸のニキビに塗るだけで使い方も簡単です。

定期コースにすると通常よりも安く購入できて送料も無料でオトクに!

クリスタルモーションは縛り期間が2回までで60日間返金保証も付いているので、お試ししやすくなっています。

効果には個人差がありますが、大体3ヶ月〜4ヶ月ぐらいは続けるのが目安。

ビタミンB、C、Eの含まれたものを食べながらデコルテニキビケア専用クリームを使えば効果もUP♪

皮膚科に通いたくないという方は、デコルテニキビ用のクリームでケアをするといいでしょう。


-皮膚科
-, ,

Copyright© 胸ニキビの治し方。デコルテをきれいに治す方法はコレ! , 2019 All Rights Reserved.